ヘッダーの画像

vape(ベイプ)リキッドとは?楽しく、美味しく頂く極意がここに

vape(ベイプ)もう選び方で迷わない

ぶっちゃけリキッドはvape本体よりも重要なんじゃないかと思う。

自分好みのリキッドにたどり着けるかで今後のvapeの楽しみ方がガラッと変わるんですよ。

リキッドにはたくさんの種類があって、味から煙の量まで全然違うんです。

でも、その中から自分好みの味を探したりするのもvapeの醍醐味かなーなんて思います。

だから、ほんとにリキッドって種類がたくさんあるから絶対に迷うと思います。

特に私が実際にそうでしたからね...

そこで、vapeリキッドの基本的な情報から、痒いところに手が届くリキッドネタを大放出しようと思います。

また、今回私が個人的に気になったリキッドを大量に購入したのでランキング方式でレビューしていこうと思いますのでご参考にしてみてください。

vapeで使われるリキッドとは

vape(ベイプ)リキッド

リキッドはこんな感じでvapeにブチューって入れるやつです。

vapeだけでなく、今はプルーム・テックなどでも使っている人もいるみたいだから知ってる人は知ってるかな。

vapeに使うリキッドの成分は

  • PG(プロピレングリコール)
  • VG(植物性グリセリン)
  • 香料

これらの成分が含まれています。

リキッドを販売しているメーカーはたくさんあるけど、どのメーカーも成分は同じです。

基本的にこの3つの成分で作られています。

たまに、味を感じたい人がプラスαで香料を足したり、混ぜたりする人もいますよ。

PG(プロピレングリコール)

プロピレングリーコルとは無色透明・無味無臭のアルコールの1種です。

PGのポピュラーな使い道は防腐剤としてよく使われています。

見た目はさらさらしていて、無色透明で無味無臭なので、一見水のように見えますね。

もっと詳しく言うとコンビニに売られているおにぎりなどにも使われているんです。

その他にも

  • 保湿剤
  • 潤滑剤
  • 乳化剤
  • 不凍液
  • プラスチックの中間原料
  • 溶媒

そして保湿性や防カビ剤があることから

  • 医薬品
  • 化粧品
  • おにぎり

など広範囲でPGは使われています。

リキッドに含まれる香料を溶かす性質があるので、香料を混ぜた時に馴染みやすくなるんです。

PGは様々な用途があるため、たくさんの研究がされています。

なので安全性は高いと言えるでしょう。

VG(植物性グリセリン)

VG(植物性グリセリン)の特徴はPGに比べて粘度のあるアルコールの1種です。

植物性となっている通り、植物の原料を元に作られています。

原材料は天然の植物(ヤシの油やパーム油など)からです。

PGと同じく同じアルコールの1種で食品の添加物としても使われています。

そして、植物が原料となっているので安全性はPGと同じく高いようです。

VGも様々な用途で使われています。

ですが、まだ研究段階にあるためはっきりしたことはわかりません。

VGには味はあり、少し甘みがあります。

香料

香料はリキッドの味つけに使われます。

リキッドの味を左右する要のような存在です。

基本的にどのようなものでも使われているので、ほとんど無害と言っていいでしょう。

なので安全性は高いと思います。

vapeリキッドを選ぶ上で欠かせない要素はこれ

vape(ベイプ)選び方

初めのほうでも言いましたがvape人生はリキッドで左右すると言ってもいいくらい重要です。

そこでリキッド選びで欠かせないポイントは

  • PGとVGの比率
  • 自分が今一番気になるリキッド
  • 単純に好きな味がするリキッド

この3つだと思います。

では、詳しく解説していきます。

vapeリキッドのPGとVGの比率を確認する

PGとVGの比率はとっても重要でなぜなら

  • 特に何もせず、普通に吸いたい
  • タバコのように肺に入れて吸う
  • vapeを爆煙で吸いたい

このようにどんな感じで吸うのかで比率が違ってくるからです。

例えば、

  • PGの比率が多いと味は濃くなるけど、煙の量は少なめ
  • VGの比率が多いと味は薄くなるけど、煙の量が多くなる

などリキッドの比率で全然特徴が変わってきます。

現在販売している主なリキッドのPG・VGの比率は

  • PG70%:VG30%
  • PG50%:VG50%
  • PG30%:VG70%

の3種類が販売されています。

無難なのはPG50%:VG50%かな。

味もしっかり味わえて、煙の量も申し分ないって感じです。

かくいう私もvapeになれるまではPG50%:VG50%を吸っていました。

正直PG30%:VG70%だと「味薄ぅ...」って思ってた。

なので、お遊び用のリキッドはPG30%:VG70%のリキッドで、しっかり味わいたいリキッドはPG50%:VG50%と分けてます。

結局PGとVGの比率はちっちがいいわけ?

いや、言いたいこともわかります。

リキッドを初めて選ぶ方からすれば、PGとVGの比率をどっちよりにすればいいかなんてわからないですよね。

PG70%:VG30%のリキッドが向いてる方
  • リキッドの味をしっかり楽しみたい
  • リキッドを混ぜてオリジナルのリキッドが作りたい
PG50%:VG50%のリキッドが向いてる方
  • 味と煙の量どちらも楽しみたい
  • PGとVGの比率で迷っている人向け
PG30%:VG70%のリキッドが向いてる方
  • 爆煙を楽しみたい
  • 爆煙セッティングをしているvapeを持っている
  • 味はどうでもいい

vapeリキッドのフレーバーは多種多様

vapeのリキッドには

デザート系チョコ、バニラ、クリームなど
フルーツ系オレンジ、レモン、メロンなど
清涼系メンソール、ミント、ハーブなど
飲料系コーヒー、コーラ、レッドブルなど
タバコ系タバコ、メンソールタバコなど

があります。

フルーツ系やデザート系は女性に人気があるようですね。

落ち込んで元気を出したいときやちょっとしたご褒美にどうでしょうか。

仕事の休憩中にリフレッシュしたい方は清涼系や飲料系がおすすめです。

清涼系はメンソール系が多いのでスッキリした気分を味わえます。

飲料系はジュース好きな方におすすめしたいリキッドです。

最後はタバコ系ですが禁煙したい方どうでしょうか。

本当に紙巻きタバコを吸ったような感覚になりますよ。

vape(ベイプ)リキッドおすすめランキング

私がこれまで買ってきたリキッドの中で一番美味しかったリキッドをランキングでご紹介します。

また、普段からHiLIQ(ハイリク)でリキッドを買っているのでHiLIQで買おうか検討している方はご参考ください。

vape(ベイプ)リキッドおすすめ1位「特大サイズの国産リキッド XLメンソール100ml」
vape(ベイプ)リキッドおすすめ1位「特大サイズの国産リキッド XLメンソール100ml」
  • リキッド容量:100ml
  • 味:メンソール

vapeリッキドの中で最も評価の高い特大サイズの国産リキッド XLメンソール100ml、もしメンソールのタバコを吸っていたならこの機会にvapeで禁煙を始めませんか?味良し、容量良し、価格良し、さらにamazonのレビューは500を超え、星4.3と圧倒的です。

vape(ベイプ)リキッドおすすめ2位「DBL 電子タバコ リキッド ブルーベリーメンソール 独自製法 リアルフレーバー 15ml」
vape(ベイプ)リキッドおすすめ2位「DBL 電子タバコ リキッド ブルーベリーメンソール 独自製法 リアルフレーバー 15ml」
  • リキッド容量:15ml
  • 味:ブルーベリー

吸い込み時はメンソール、吐き出し時はブルーベリーの香りとなっています。特に女性からの人気が高く、これがきっかけで禁煙できた方も多い様です。美や健康をお考え中の方は一度お試し下さい。

vape(ベイプ)リキッドおすすめ3位「【Liquid 5ml×12本セット】+【Liquid 注入用ニードルボトル5ml×2本】」
vape(ベイプ)リキッドおすすめ3位「【Liquid 5ml×12本セット】+【Liquid 注入用ニードルボトル5ml×2本】」
  • リキッド容量:5ml×12本
  • 味:【タバコ系】マルボロ、セブンスター;【メンソール系】メントール、ハイパーメンソール;【ドリンク系】レッドブルアイス、マスカットアイス、コーヒー;【フルーツ系】グリーンアップルメントール、グリーンレモングレープフルーツ、ブルーベリー、パッションフルーツ、ライチ

この1セットで定番のリキッドが全て楽しめます。また付属のボトルに2本のリキッドをカクテルすることによりまた新しい味を生み出す事も出来ます。食品衛生法認証済、コラーゲン配合、ノンニコチン、ノン有害物質で安全です。

吸いたいリキッドが決まったら交換しよう

vape(ベイプ)リキッド交換

新しく買ったリキッドと今使っているリキッドが混ざらないように交換しましょう。

リキッドの交換は簡単です。

まずはvapeのアトマイザーに残っているリキッドを洗い流します。

洗い流す時の注意点は水では洗い流さないでください。

アルコールやPGなど殺菌作用のあるもので洗浄することをおすすめします。

アトマイザーを洗浄した後、しっかり乾燥させてください。

乾燥させたら新しいリキッドを補充します。

ここで1つ注意しなければいけないことがあります。

それはリキッドを入れすぎないことです。

満タンまでタンクにリキッドを入れてしてはいけません。

タンクに入れすぎてしまうとリキッド漏れを起こす可能性があります。

1日に吸いきる量をいれましょう。

タンクにリキッドを入れたままにしてしまうとリキッドが変色して、味が美味しくなくなります。

リキッドのQ&A

Q1:リキッドに賞味期限はありますか?

質問する人

リキッドに賞味期限ってあるの?長期保存してて腐ったりしないよね?

回答する人

リキッドには賞味期限はありませんが大体3ヶ月から6ヶ月と言われています。ですが開封後長時間放置してしまうと変色してしまう可能性があります。味も少し変わることがあるのでなるべく早めに消費しましょう。長期保存する場合は高温な場所を避けて、湿気のないところに保存すると長持ちします。

Q2:リキッドの値段はどれくらい?

質問する人

リキッドってどれくらいするんだろ...

回答する人

リキッドの値段は容量によって変わってきます。
リキッドのおおよその値段は以下のとおりです。  

           
容量価格消費日数
10ml1,000円程度1週間程度
15ml1,000円~2,000円程度2週間程度
30ml2,000円~3,000円以上3週間程度
 
使用頻度には個人差があります。